年々、人材募集をすることの難しさを感じている企業さまも多いのではないでしょうか。
オンラインでもオフラインでもさまざまな人材募集の方法がありますが、今回の記事ではどの施策を選ぶべきなのか、方法ごとに細かくご紹介いたします。

おもな人材募集方法はどんなものがある?

以下では人材募集をする方法で、とくに効果があるものをご紹介いたします。

方法内容
求人広告① インターネット上の求人サイト、企業のウェブサイトでの募集告知

② 新聞や雑誌の求人広告

③ 駅やバス停のポスターなどでの募集広告

人材紹介会社、派遣会社専門の人材紹介会社や、派遣会社を通じた求人情報の提供や人材の仲介
キャリアフォーラムや合同企業説明会大学や専門学校、就職支援団体が主催するキャリアフォーラムや、合同企業説明会に参加する
社内採用企業内でのポジション変更やキャリアパスにもとづく内部募集をする
SNSLinkedInやX(旧Twitter)などのソーシャルメディアを活用した求人情報の発信や人材のスカウト
新卒採用高校、高専、専門学校、大学を卒業して新たに働き始める方を採用する
リファラル採用現職員や既存のネットワークを通じた推薦による人材募集
ヘッドハンティング高度な専門性や経験を持つ人材をターゲットにしたヘッドハンティング活動
アルムナイ採用企業が過去に自社で働いていた元社員(卒業生:alumni)を再度採用する取り組み

中小企業が力を入れるべき人材募集方法は?

中小企業が力を入れるべき人材募集方法は、効果的かつ効率的な方法であることが重要です。以下にいくつか例と根拠をあげます。

オンライン求人サイトの活用

中小企業はインターネット上の求人サイトを活用して広告を出稿することで、多くの求職者にアクセスできます。有料の求人サイトだけでなく、無料で利用できる求人プラットフォーム(ハローワークなど)も併用しましょう。
それぞれの媒体で担当者から、適切なキーワード、ターゲティング施策を教えてもらって、効果的な求人広告を掲載しましょう。

自社ウェブサイトでの求人情報公開

自社ウェブサイトに求人情報を掲載することでも、企業の魅力や文化をアピールできます。また社内で共有される求人情報は、既存の従業員や関係者からのリファラルを促す効果も期待できます。

ちなみに社員からの紹介をする場合には、適切なインセンティブをつけることで、うまく採用活動がまわり始めるかも知れません。

SNSやプロフェッショナルなネットワークの活用

ソーシャルメディア(例:Instagram、Facebook、Tiktok)やビジネスネットワークサービス(例: LinkedIn)などを活用して、求人情報を発信しましょう。
自分たちの商材に興味を持ってくれるユーザーをフォロワーとして日頃からつながっておけば、顧客として期待できることはもとより、自分たちの仕事を手伝ってくれる社員になってくれることもあるかも知れません。

とくに若年層は、オンライン上のコンテンツにアクセスしている時間が長いので、自分たちの商材と絡めてソーシャルメディアをうまく育てていくと、いい結果が期待できるでしょう。

地域密着型の採用活動

中小企業は地域に根ざした活動を行うことで、地域の求職者とのつながりを強化できます。地域のイベントやコミュニティ活動に参加し、企業の存在をアピールすることが重要です。

また若者は地方から都市へ流入しがちですが、地方では在留外国人が増えている場所も多いです。もし彼らとローカルなイベントでつながる機会があれば、積極的にコミュニケーションを取ってみるといいかも知れません。

研修やインターンシッププログラムの提供

若手の人材育成の一環として、研修やインターンシッププログラムを積極的に提供することで、優秀な若手人材を獲得しやすくなります。

自社の中だけで教育を完結させるのもいいですが、定期的にさまざまな研修プログラムがあると、若手も飽きることがなく、会社で長く働いてくれるでしょう。

人口減の現代日本で考えるべき人材の募集方法は?

人口減少が進む日本において、現代に「とくに考えるべき人材募集方法」として以下のものがピックアップできます。

外国人材の積極的な採用

日本の労働力不足を補うために、外国人材の積極的な採用が重要です。外国人材を採用する際には、日本語教育や異文化理解の教育など、円滑な職場環境を整える取り組みがもとめられることもあります。

しかし日本に滞在している年数が長い方、とくに「身分系」と呼ばれる方は日本語も一定レベルを超えていることが多いです。永住権を持つ外国人材の採用は、近年は効果的な人材獲得の方法として注目されています。

「身分系」の在留資格 全4種類|就労系との違い、採用するメリットについて詳しく解説

柔軟な働き方の提供

人口減少により労働力が減少する中、柔軟な働き方(テレワーク、フレックスタイム、パートタイムなど)を積極的に導入することで、働きやすい環境を提供し、多様な人材を採用しやすくします。

女性やシニア層の活用

女性やシニア層など、潜在的な労働力を活用することが重要です。キャリア再構築支援やワークライフバランスの整備など、多様な世代の人材を採用しやすい環境を整えましょう。

中小企業が注力する人材募集方法について理解が深まりましたか?

今回は中小企業が注力すべき、人材募集方法について解説してきました。ぜひ効果的な人材募集方法を組み合わせて、会社をさらなる成長に導きましょう。

もし外国人採用に少しでも興味があれば、弊社でご支援できますので「少しだけ興味がある」といった程度でも大丈夫です。ぜひお声がけください。