人口減少の影響もあり、日本では清掃員、ドライバー、介護や建設現場での仕事など、さまざまな業界で人手不足が慢性化しています。中でも清掃員はカラダが資本ということもあり、若い世代の方が必要ですが応募自体はあまり増えていないといえそうです。

清掃管理会社が直面している問題は?

清掃業界では、人手不足の原因として以下のようなものがあります。

原因 内容
労働条件の改善の必要性 清掃員の労働条件が改善されていない場合、応募者が減る傾向があります。労働時間、給与、福利厚生などの面で魅力的な条件を提供することが大切です。
人口減少と高齢化 人口減少や高齢化が進む地域では労働人口が減少する傾向があり、これが清掃員の応募減少につながっています。
他の職種への需要 清掃業界以外にも求人があり、応募者がほかの職種を選択する傾向がある場合、清掃員の求人に対する応募が減る可能性があります。
労働環境や仕事のイメージの問題 清掃業界は労働環境や仕事のイメージの面で改善が必要な場合があります。労働環境の改善や仕事の魅力化がもとめられます。

清掃員の「労働条件の改善」のためにできることは?

給与の向上

清掃員の給与を適正な水準に引き上げることで、仕事へのモチベーションを高められます。公正な給与体系の確立、賃金交渉の機会を提供することなども重要です。

労働時間の改善

過重な労働時間や長時間労働を防止し、適切な労働時間にすることが大切です。休憩時間などもしっかりと取るように積極的にアナウンスするなど、企業文化としてクリーンな印象を出せるとよさそうです。

労働環境の改善

清掃員が安全で快適な労働環境で仕事を行えるようにすることが重要。適切な労働道具や保護具の提供、作業場所の清潔さや安全性の確保などが含まれます。

キャリア開発の支援

清掃員に対してキャリアの成長やスキルアップの機会を提供し、長期的なキャリアパスの構築を支援することが重要です。研修プログラムやキャリアアドバイスの提供、昇進の機会の提供などが含まれます。

労働条件の透明化とコミュニケーションの促進

清掃員と雇用主のあいだで労働条件や業務内容について透明性を高め、おたがいのコミュニケーションを促進しましょう。問題や要望をよくきいて、おたがいにとっていい解決策に落とし込む努力が必要でしょう。

清掃業を魅力的と思ってもらうには?

清潔な環境の維持

清掃業は社会に貢献する仕事で、クリーンでヘルシーな環境を提供する役割をはたしています。清掃員はひとびとの生活や健康に直接影響を与えることができることを強調します。

自己充実感と満足度

清掃業の仕事は汚れを取りのぞき、環境を美しくたもつことで達成感と満足感を得ることができます。清掃員は自分の仕事が直接的な成果をもたらすことによって、自己充実感を得ることができます。

フレキシブルな労働スケジュール

清掃業の仕事は多くの場合は、柔軟な労働スケジュールが提供されます。シフト制やパートタイムの仕事が多いため、家庭やほかの活動との両立がしやすい利点があります。

社会的な関与とコミュニティへの貢献

清掃業はホテル、オフィスビル、公共施設などで行われており、地域コミュニティに貢献しています。地域社会の一員として、清掃員はその美化や維持に貢献していることを誇りに思うことができます。

これらの点をうまく打ちだすことができるとよさそうです。

スキルとキャリアの成長

清掃業の仕事はコミュニケーションスキルや時間管理能力、作業効率などさまざまなスキルを磨くことができる機会を提供します。また清掃業界はつねに需要はありますので、社内でキャリアの成長や昇進することで給与を上げることなどもできるでしょう。

清掃業が人口減少と高齢化を乗り越えるためにできることは?

清掃管理会社が人材減少と高齢化を乗り越えるためには、以下のような取り組みが必要です。

働き方の改革

柔軟な働き方や労働条件の改善が必要です。パートタイムやシフト制の仕事、高齢者やシニア層向けの雇用条件の充実など、働き手のさまざまなニーズに応える働き方を提供しましょう。

ほかの業界も働き方にフレキシビリティを持たせている中で、より選ばれるためには自由度を上げるような施策が必要となるかもしれません。

技術革新と自動化の導入

技術革新や自動化によって、清掃業務の効率化や生産性の向上が図られます。ロボット清掃機器やAIを活用した管理システムの導入など、新たな技術を取り入れることが必要です。

外国人労働者の活用

清掃業界において外国人労働者の活用がかなり増えています。外国人労働者の受け入れ体制を作ることや、日本語教育の支援、定着してもらえるような仕組みづくりなどを行うことが重要です。